• TOP
  • »
  • メニューページ

メニューページ



私服コーディネートのポイント


私服のコーディネートは、スーツや仕事着より難しいと思っている方は多いと思います。

私の周りの方達も、

「私服のコーディネートはよく分からないから適当にしてる」
「考えてる時間がないから全く買わない」

など、私服に対してマイナスのイメージを持っている方が多いように感じます。だからこそ私はあなたに私服の重要性や必要性を感じて頂きたいと思っています。

まず初めに、私はあなたにお聞きしたいことがあります。それは私服のコーディネートをする際、仕事服と私服を同じくらい大切に考えてますか、ということです。

この質問をよくお客様にすると、だいたいの方が仕事服に比重を置いていると言います。

その理由をお客様に聞くと、

「仕事服の方が着てる時間が長い」
「仕事服はビジネスの成功に繋がる」

など、特に男性は仕事時間の長さや、ビジネス向上のために仕事服の重要性を感じてると言えます。それ故に、私服はより意味をなしてないと考えられてしまいます。

その結果、休日になると、

「着る服がないので、あまり出掛けない」
「バリエーションがないので、いつも同じ服を着てしまう」

これでは私服が全く機能しなくなり、出掛けるのも億劫になるという負のスパイラルに陥ってしまいます。ここで私はあなたに一言、言いたいのです。

先ほどの意見を「仕事服→私服」に置き換えますと、

●私服は着てる時間が短い。

量はいらない分、低コストで少ない品数で質を高められる。

●私服はプライベートの成功に繋がる。

友達や彼女、奥さんといった異性からの評価が上がる。

その結果、

「オシャレな服があると、出掛けたくなる」
「着回しのバリエーションができ、コーディネートが楽しくなる」

このように最初の考え方を少し変えるだけで、結果が大きく変わります。私服のコーディネートが上手く出来ない方は、私服に対してのイメージがネガティブな方が多いです。

あなたが私服に対してのマインドをポジティブに変えて私服を揃えられれば、コーディネートの質も上がり、休日も外出したくなるはずです。

外に出ればチャンスもたくさんあります。

例えば、

「新しい交友関係が増える」
「異性との出会い」
「行動範囲が広がる」

そこから得るものは、全てプラスの経験になると思います。

新しい出会い、新しい場所での発見はあなたの人生の糧となり、またそこからビジネスに繋がることもあります。

私服を疎かにする方にもう一つ共通点があります。それは値段です。

「価格が高い」
「揃えると出費が痛い」

など、価格の悩みもあるはずです。

ですが、ファッションの質は値段ではありません。服をたくさん持っているからと言って、オシャレではありません。高いものを着てるからといって、オシャレな人ではありません。あなたはまったく私服を持ってないから、コーディネートができない訳ではないと思います。

また洋服には稼働率というものがあります。洋服の稼働率とは、家にある洋服を100%とした時に何%着ているかです。あなたの洋服の稼働率は何%位か考えたことはありますか。この質問をするとだいたいの方は平均30%です。

では何故、これだけ洋服を持っているのに着ていないのか。それは「買ったはいいが、コーディネートの仕方が分からない」という答えがもっとも多いです。

実に勿体ない話です。実際その洋服が稼働してなければ意味ないですし、使わなかったらその洋服の購入代金が無駄になります。

コーディネートの質が良ければ洋服の量は少なくて済みますし、実際無駄な買い物が減ってその方が経済的なこともあります。

ですから、私服コーディネートのポイントは、

「購入の際にトータルコーディネートを意識して選ぶ」

ここがとても大事なポイントになります。

コーディネートが分からないということは、単品のアイテムに合わせるコーディネートが分からないまま購入してるから無駄になるのです。

どんなに良くて気に入って買っても、合わせる洋服がないのに買ってしまっては宝の持ち腐れ、箪笥の肥やしです。買い物の際は合わせたい洋服を着て、買い物に行くことがとても大事なのです。

例えば、コートやアウターを探しに行くなら合わせたい洋服を着て買い物に行って、そのコーディネートに合わなかったら購入しない、またはどうしても欲しいなら、それに合うインナーやパンツ、シューズをそのお店でコーディネートしてもらってから購入するようにしてみてください。

実際トータルコーディネートは一回の出費は高いですが、その後の着る回数を考えれば、コーディネートが分からないと言って、着なくなることはなくなりますので、稼働率は上がり必ず元が取れます。

私があなたにもっともお伝えしたいことは、あなたが考える私服に対してのマインドを変えて欲しいということです。

私服を選ぶ際はトータルコーディネートを意識すること。

そして、

「重要性」
「必要性」
「稼働率」
「価格より着る回数」

ここを大事にして欲しいのです。

私はファッションは自己投資だと思っています。時間や労力はかかりますが、投資した分は必ず返ってきます。

自己投資した分、あなたの外見はイメージアップして、より相手に良い印象を残すことができます。このことからビジネス同様、プライベートでも外見はとても重要と言えるのです。

私服はあなたが仕事でお客様に対して意識している着こなしと同じことを、プライベートでも良く見られたい相手のためにすればいいのです。

もう少し分かりやすく言いますと(仕事着が私服の方はイメージしてみて下さい)

●スーツをメインに着てる営業職

「いつ大きな商談に繋がってもいいように、スーツはこだわってオーダーの物をいつも着用してる」

●制服をメインに着てるウェイター

「飲食店なのでお客様に不快感を与えないよう、常に清潔感を意識してキレイなものをいつも着用してる」

私服はスーツのようにオーダーとまではいかなくても、自分のジャストサイズに合わせて洋服を選ぶのは大事なことです。そこから清潔感というものが生まれます。

大き目なサイズを着てると相手にだらしない印象を与えてしまうこともあります。ジャストサイズを選ぶことで、清潔感のある信頼できる良い印象を相手に与えます。

仕事着は第三者目線を意識した着こなしが出来るものの、私服はどうせ誰も見てない、楽な服がいいという考えを持っていませんでしたか。

あなたの私服も人に見られています。仕事着も私服着もマインドは全く同じです。掛けたら掛けた分だけあなたに返ってきます。あなたが私服コーディネートに苦手意識があるなら、是非この方法を実践してみて下さい。周りの反応は必ず変わるはずです。





こんな記事もよく読まれています


« 前の記事: TOP | 次の記事:シーン別1 メンズファッション »