プロのスタイリストがコーディネートをする際のファッションテクニック


▼まずはこちらの動画をご覧下さい。
トップスタイリストが「女性にモテる男性の服装」についてお話ししています。
↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(4分57秒)


ファッションスタイリストは、お客様のためになるファッションテクニックを豊富に持っています。いわばファッションにおいてのプロです。

実はそんなファッションスタイリストに、トータルコーディネートをしてもらったことがない方がたくさんいらっしゃいます。

あなたもショップに行くと、ジャケットだけ気になったら、そのジャケットだけ試着して終わることが多くないでしょうか。

そこで「このジャケットに合うトータルコーディネートを試着させて下さい」と言えば、店員さんは必ずコーディネートしてくれます。

むしろそこで「分かりません」というファッションスタイリストがいれば、そのスタイリストはプロ失格です。

私はそんなファッションスタイリストはいないと信じたいです。プロのファッションスタイリストは、あなたがオシャレに見えるファッションテクニックをたくさん知っています。

ですから、ショップに行ったときにプロのファッションスタイリストに聞けば、実際にコーディネートしてくれて、尚且つプロがファッションのテクニックを教えてくれます。でもこれができない方が多いのです。

理由は、

・店員と話すのが苦手
・時間がない

等々、ショップスタイリストと話すまでいかない方が多いようです。

今日はそんなあなたのために、プロのスタイリストが実際に行っている、ファッションテクニックを色々とお伝えしたいと思います。

まずコーディネートは相手によって変わります。身長や体重、体格、髪型の違い、多種多様にあります。ですので、コーディネートと言っても千差万別で、この人に似合うから、別の人に似合うかと言ったら、そんなことはありません。

その人の個性を活かしてプロはコーディネートしていきます。ですので、ここでは誰にでも当てはまるファッションテクニックをお話出来ればと思います。


●プロが教えるファッションテクニックその1

<トータルコーディネートは、アウターを選んでからコーディネートするべし>

あなたはコーディネートをする際、インナー、パンツを決めてから、どのコートにするか選んではいないでしょうか。

アウターを買う際も、今日着ているコーディネートに合わなくても、家にあるもので合わせればいいかと買って、実際合わせられなかったという失敗はないでしょうか。実は多くの方がこの買い方で失敗しています。

プロはアウターに合うコーディネートを先に決めてから、お客様にご提案していきます。ですので、もしあなたがあるコートが欲しいと思ったなら、まずはそれに似合うコーディネートを決めてから、お店に行くようにしてください。

もしそれで合わなかったら、そこでコートに合うインナー、パンツ、シューズも揃えるようにします。またそのお店でベルト、バックも揃えられたら尚ベストです。

もちろん経済的な問題もありますが、コートを単品で買って、合わせるものがなく、結局着なくなる方が無駄な出費になってしまいます。

家でコーディネートする際も、今日はこのアウターを着るということを決めてから、コーディネートするようにしてみてください。そうすれば家でのコーディネートも、時短で洋服を決めることができるはずです。


●プロが教えるファッションテクニックその2

<ベルトとシューズの色を合わせるべし>

あなたは出かける際、安易にベルトやシューズを選んでませんか?

「いつも履いてるからこれでいいか」
「ベルトもあまり見えないからこれでいいか」

多くの場合、プロはシューズとベルトの色を同じカラーで統一します。実はシューズ、ベルトはコーディネートの重要なポイントになります。

シャツをインスタイルにする際などベルトは見えますし、ベルトを見せることは足を長く見せる効果があります。プロの私達からすると、ベルトを付けないなんてもってのほかです。

また、カラーバランスは重要でシューズとベルトのバランスが合わないだけで、コーディネートが失敗してしまうこともあります。

具体例で言いますと、

「シューズがグレーなのに、ベルトがベージュ」

この組み合わせですと、両方差し色で馴染まない色同士になるので、見た目のバランスが非常に悪くなります。

ですので、

「シューズがグレーならベルトもグレーに統一する」
「シューズがベージュならベルトもベージュに統一する」

ブラックも万能色ですが、シューズがブラックならベルトもブラックにしましょう。このようにシューズとベルトを統一するだけで、見た目のバランスが非常に良くなり、コーディネートが上手くいきます。

これらを意識するだけでトータルコーディネートが上手くいき、全体のバランスも良く見え、スタイルがすっきり見えるようになります。


●プロが教えるファッションテクニックその3

<眼鏡やストールでスタイリッシュなイメージを狙うべし>

コーディネートで眼鏡やストールを使う方が非常に少ないのですが、これは非常に勿体無いことです。これは小物を使うことの抵抗感や、必要性を感じないという方が多いからだと思います。

ですが、雑誌やテレビのオシャレ芸能人が、よく伊達メガネやストールを巻いてるところを見たことはないでしょうか。

プロは小物をコーディネートに使うことで、イメージアップするファッションテクニックを使っています。まずはそのアイテムの必要性を知りましょう。

まず最初のテクニックとしては、「メガネ」を使います。メガネは黒縁がおすすめで、黒縁メガネを掛けることで、小顔効果や顔周りのリフトアップ効果があります。

次に「ストール」や「マフラー」を使います。ストールやマフラーを使うと、印象を顔周りに集中させることができるので、ウエストの位置が高く見え、身長が高く見える効果があります。

正直小物は付けなくても困るものではありません。ですが、小物を使うか使わないかでは、コーディネートに雲泥の差が出てきます。

メガネやストール、マフラーを上手く使うことで、あなたのイメージアップ効果に必ず繋がると思いますので、ぜひ試してみてください。

それではここで、今までお話したプロのファッションテクニックを使い、当サロンでコーディネートをして頂いたお客様の「Befor→After」の写真をご覧になってみてください。

今までお伝えしたことを意識して、プロがどのようなコーディネートをしているのか良く見ていただくと、参考になるかと思います。

Before After 料金別コーディネート事例

※こちらは洋服だけでなく靴や小物(メガネ、バック)全て含めた金額になります。

10万円コーディネート事例 國井 一宏様(37歳)



7万円コーディネート事例 青木 正儀様(41歳)



5万円コーディネート事例 中谷 大河様(35歳)



8万円コーディネート事例 川口 拓郎様(33歳)



5万円コーディネート事例 日比野 雄一様(38歳)



7万円コーディネート事例 藤原 正浩様(35歳)



6万円コーディネート事例 高見 裕之様(43歳)



いかがでしたでしょうか?

プロがどのようなテクニックを使って、コーディネートをするのかお分かり頂けましたでしょうか。

あなたが初めて知るプロのファッションテクニックはありましたか?もしあなたが今までやっていなかったことがあれば、ぜひ実践してみてください。

また自分でコーディネートをするのが自信がない方や、一度プロのコーディネートを体験してみたいという方は、ぜひ当サロンに一度お越しください。あなたの魅力を最大限に引き出すコーディネートを私達が責任を持ってご提案させて頂きます。




各種セミナー紹介


「婚活・恋愛向け」よく読まれている記事


« 前の記事: モテ男は服装で第一印象を変えている! | 次の記事:全身コーディネートのポイント »





上に戻る