メンズジャケットのコーディネートのコツをプロが解説!




1.メンズジャケットはオシャレメンズの定番


メンズジャケットと言えば、スーツなどのビジネスシーン以外でのオシャレメンズファッションの定番です。

スーツほどのビジネス感やフォーマル感はなく、かといって崩しすぎない、固すぎずカジュアルすぎず、これさえあれば、キレイめコ―デができるメンズファッションの必須アイテムとも言えます。

しかし同時に、スーツならビシッと決めればいいけど、ジャケットの着こなしはどうすればオシャレになるのか、ハードルが高く感じる方もいらっしゃるようです。

当サロンでも、スーツとカジュアルの間、キレイめカジュアル、ビジネスカジュアルの相談の方が多くいらっしゃいます。

そのような着こなしの中で、外せない重要なアイテムがジャケットです。この記事では、そんなジャケットのコーディネートについて、プロである私藤本が詳しく解説させて頂きます。


2.メンズジャケットのコ―デは好印象


2-1.ジャケットのコ―デが好印象の理由


ジャケットを用いてのコ―デは、

●大人っぽい印象
●キチンとしている印象

を相手に持ってもらうことができます。

ファッションに気を配っている人という印象を相手に与えることが出来るので、女性にも好印象を持ってもらえるアイテムです。ジャケットコ―デをするだけで、「清潔感」「きちんと感」を演出できるのです。

10代~20代ならともかく、大人の男性は、崩し過ぎたり、だらしない着方をしたり、このような印象はそれだけでマイナスイメージになります。奇をてらうのではなく、爽やかな印象を作ることが大事ですから、ジャケットはとても重宝します。

ジャケットに少しお金を掛けて良いものを着ると、他のインナーやパンツがリーズナブルでも高そうに見えたりしますので、ジャケットには少しお金を掛けることがお勧めです。


2-2.テーラードジャケットの選び方


ジャケットの種類は豊富にありますので、ここでは定番のシンプルなジャケット、「テーラードジャケット」をベースにお話していきたいと思います。

テーラードジャケットと言っても、どのようなジャケットを指すのか分からない方も多くいると思いますので、当サロンで実際にコーディネートされたお客様達の事例を見て頂きながら、ご説明していきたいと思います。

下記の写真をご覧ください。当サロンでテーラードジャケットをベースにコーディネートさせて頂いたお客様達です。

國井 一宏様 37歳 北海道


高見 裕之様 43歳 東京都


鈴木 亮太様 31歳 東京都



テーラードジャケットとは、スーツのジャケットとほぼ同じデザインのものを言います。ビジネスシーンのスーツに近いカチッとしたものから、カジュアルのものまで豊富にあります。また、デザインや柄、生地等によって大きく印象が変わります。


●デザイン

えりの太さやデザインで雰囲気も変わります。えりが太いとご年配の方らしく、貫禄を感じます。逆に細いと若々しい印象になります。また、着丈が短めで、肩パットがないか薄めのものですと、しっかりキレイめでありながら、少しラフな雰囲気を演出できます。


●柄

柄のあるテーラードジャケットは存在感がありますが、難易度高めです。ジャケットファッション初心者は柄のないシンプルなものを選ぶことをおすすめ致します。


●生地

ポリエステル、綿、ニットなど、豊富な生地と質感があります。この質感によっても印象がだいぶ変わります。選ぶ時は、TPOに合わせて試着してきちんと印象を見極めます。トレーナーと同じような材質と、スーツと同じ生地ではかなり異なります。

※TPOとは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の頭文字をとった略語のことを言います。時、場所、場合に即した服装をすべきだというファッション業界の提案として登場した言葉です。


●色

色はまず、グレー、ネイビー、ベージュ、ブラックのベーシックカラーです。


<グレー色の特徴>

カジュアルカラーのグレーをジャケットに取り入れることで、柔らかいイメージが引き出せます。またインナーやパンツに黒や紺などの濃い色を選べるので、実はコーディネートがしやすいカラーです。


<ネイビー色の特徴>

清潔感のあるブルー系のネイビーは、インナーにパーカーやトレーナー素材を入れてもシックに見えます。パンツにクロップドパンツやスエットを合わせて、スポーティな着こなしもおすすめです。


<ベージュ色の特徴>

柔らかい暖色カラーのベージュは、ジャケットで持っている方は少ないと思います。そのため着ているだけでオシャレ度が上がります。インナーに淡いピンクやパンツに明るいデニムをもってくると、優しい印象を与えてくれます。


<ブラック色の特徴>

ブラックは王道のカラーなので、色合わせも多彩にできます。唯一ワントーンカラーも合う万能色なので、もしジャケットをお持ちでなければ、ブラックから選ぶのをおすすめします。


3.ジャケットコーディネートのポイント


ボトムスや小物との組み合わせ次第で様々な見せ方ができるのが、ジャケットコーデのいいところです。ジャケットとのコーディネート術を覚え、上手にジャケットを着こなしていきましょう。

①インナー、ボトムスとのコ―デ

白のYシャツとの組み合わせや、セットアップだと、カチッとした印象になります。それでもいいのですが、オシャレに着こなすなら、無難な路線ではなく、ちょっと工夫が必要です。

ジャケットの良さは好印象を与える、固すぎず、崩し過ぎずの清潔感と、きちんと感というお話をしました。それを活かすには、ちょっと引き算するくらいがちょうど良いコーディネートになります。

ポイントは、

●インナーはカットソーやTシャツを合わせる。シャツでも、クレリックシャツやストライプ柄などカジュアルのものと組み合わせる。

●ボトムスは色の違うものをあえてチョイスし、上下でメリハリをつける。

●ビジネスシーンの革靴以外の靴などで、トップス、ボトムス、靴のバランスを見てメリハリをつける。

これらがオシャレに着こなすポイントになります。


②サイズ感・着丈

サイズ感と着丈はとても大事ですので、しっかりとチェックします。試着の際もしっかり確認して、身体のシルエットが見えているか確認します。実はサイズが合わないと、横しわが出来てカッコ悪く見えたり、袖丈や肩幅が合わないのもオシャレ感が出ません。


③TPOによって違う

TPOとは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の頭文字をとった略語のことを言います。シチュエーション別にコーディネートを工夫するというのは、ファッションの基本中の基本です。

一口にジャケットコ―デと言っても、ビジネス交流会、会社でのスーツではない服装としてのビジネスカジュアル、研修、社員旅行、はたまたプライベートでの交流会、デート、パートナーとの旅行、子供の学校行事への参加、などなど挙げればきりがありません。

そういったシチュエーションや目的に合わせて、ぜひともジャケットを上手く使い、コ―ディネートを工夫してみてください。

それではまたここで、当サロンでジャケットをベースにコーディネートさせて頂いたお客様達をご覧ください。ジャケットコーデの参考になるかと思います。

中谷 大河様 35歳 東京都


越川 泰樹様 31歳 東京都


藤原 正浩様 35歳 東京都



いかがでしょうか?

参考になりましたでしょうか。

ビジネスカジュアルにおすすめ、定番テーラードジャケットのコーディネートのポイントについてまとめてみました。

今日からあなたも自分に似合うジャケットを見つけ、コーディネートにチャレンジしてみてください。そして、オシャレのキーポイントとなるジャケットには、少しお金を掛けるようにしてみてください。

とはいえ、個人差もあり、あなたにしか似合わないコーディネートをお伝えできないのはとても残念です。文章だけでは、一般的なことしかなかなかお伝えできず、あなたの顔や体格を見て選んであげられませんし、明確なアドバイスもお伝えできません。あなたの目的やシチュエーションに合わせてのコーディネートのご提案もできません。

あなたがこの記事にたどりついたということは、もっとオシャレになりたいと思っているはずです。もしくは、もっと好印象を持たれたいと思っている方ではないでしょうか。

ですが、あなたが自分でお店に行って買い物をしても、あなたがいつも選ぶ似たり寄ったりの洋服、コーディネートになってしまう可能性があります。それでは新しいあなたの魅力に出会うことはできません。

あなたがもっと良くなりたいなら、あなたが普段自分では選ばない、持っていない洋服の中に答えがあります。

ですから一度、プロに委ねてみてください。当サロンZYXGER(ジィクシガー)では、あなたが普段選ばない、持っていない、あなたの魅力を引き出すためのお洋服をご提案することができます。

じっくりヒアリングした上で、数パターンご試着していただき、あなたの魅力を最大限に引き出すためのコーディネートをご提案させていただきます。

当サロンにお越し頂いた「97%」のお客様が変わったと実感し、満足頂いておりますので、あなたにもきっと満足していただけると自信を持っております。

まずは一度、お電話かメールでご相談ください。新たなあなたの魅力を発見して頂くとともに、あなたの人生を大きく変えるお手伝いをさせていただきます。




こんな記事もよく読まれています


« 前の記事: メンズカジュアル 失敗しないコ―デ | メンズファッション講座3に戻る »