ビジネス交流会や異業種交流会で勝てる服装とは?

投稿日:2018年01月23日
最終更新日:2019年06月19日

ビジネス交流会や異業種交流会の様子の写真



▼UPDATE COODE(アップデートコーデ)のサービスについて、ご紹介している動画です。
初めての方はこちらの動画をまずはご覧下さい。

↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(7分22秒)




1.ビジネス交流会や異業種交流会の服装


ビジネスパーソンなら、1度や2度はビジネス交流会や異業種交流会に行ったことがあるはず。頻繁に顔を出している方もいると思いますし、交流会の形によっては、定期的に通っている方もいると思います。

そんな時、どのような服装で参加すればいいか悩む方が多いと思います。特に初めて行く交流会などは勝手が分からず、悩む方が多いのではないでしょうか?

本記事はそんなあなたのために、ビジネス交流会や異業種交流会に行くときの服装のポイントをいくつかお伝えできればと思います。


1-1.どんな交流会なのか?


ビジネス交流会、異業種交流会と言っても、様々な交流会があり、様々なシチュエーションがあります。

職種によっては、そのユニフォームであなたが何者であるかをアピールした方が良い場合もあります。服装はそのシチュエーションや雰囲気、時間帯によっても変わってきます。

例えば、

●しっかりアジェンダに沿って活発に行うもの。
●固定メンバーが定期的に集うもののゲスト参加。
●講演会やセミナーとの抱き合わせ。
●いわゆる名刺交換会で、不特定多数の初対面の方が一同に集うもの。
●フリーでゆるっと交流の雰囲気のもの。
●朝食・ランチ・ディナーなど、食事付きで歓談がメイン。
●アルコール付きでざっくばらんに交流する会。

このように様々なタイプの交流会があります。

例えば、あなたが行く交流会がざっくばらんか、それともカッチリか、それだけでもチョイスする服装は変わってきますよね。では、どうしたらいいのでしょうか?


1-2.主催者や招待者に聞く


あなたが参加する交流会は上記のどれに当てはまりそうか、事前情報は掴めますでしょうか。もし分からなかったら、主催者や招待者に聞くのが良いでしょう。詳しく聞くことが出来ないとしても、案内であらかたの予想は付くと思います。

もし、どうしても分からないときは、どこへ行っても通用する着こなしがありますので、それをご紹介していきたいと思います。


2.どんなビジネス交流会 異業種交流会へ行っても通用する服装のポイント


2-1.キーワードはビジネスカジュアル


基本ビジネスの場ですから、スーツやジャケットを着るのが好ましいです。でも、オフィスにいるようなカチッとではありません。ビジネス交流会、異業種交流会での服装のキーワードは、「ビジネスカジュアル」です。

ビジネスカジュアルと言いましたが、カジュアル過ぎてもダメです。あくまでもビジネスカジュアル。休日のようなカジュアルになり過ぎず、でもカチッとではなく、少し崩す感じです。


2-2.ネクタイはどうしたらいいか?


ネクタイをするかどうか迷われる方は多いと思います。ネクタイをして、普通のスーツでいけば、無難ではあります。

しかし、ビジネス交流会や異業種交流会では他の方との差別化、相手にインパクトを与えて覚えてもらうためにも、ここは一つ冒険をおすすめ致します。それはネクタイを外して、違うおしゃれ感を演出するということです。

ここで一つ実例をお見せします。当コーデスタジオでコーディネートされたお客様ですが、ビジネスカジュアルを上手く取り入れて、仕事の契約を多く掴んでいます。ぜひ参考にしてみてください。
ビジネスカジュアルを上手く取り入れたコーディネート


3.ビジネス交流会 異業種交流会の目的と服装


3-1.ビジネス交流会 異業種交流会の目的は何?


ビジネス交流会や異業種交流会に参加される方は、ほとんどが経営者か、それと同等クラスの方が多いと思います。では、そもそもビジネス交流会、異業種交流会の目的は何なのかですが、ほとんどの方は以下が目的だと思います。

●人脈を広げたい
●見込み客と出逢いたい
●事業を拡大するための共同パートナーを見つけたい

ビジネス交流会、異業種交流会への参加目的はこれに尽きると思います。

では、この目的を達成するにはどうしたらいいのか。それはズバリ、「インパクトを与えて相手に覚えてもらう、興味を持ってもらう、人を惹きつける」これに限ります。

トークも大事かもしれませんが、それよりも大事なのが一番最初にお会いした時の「第一印象」です。ビジネス交流会や異業種交流会では、好印象、仕事が出来そうな雰囲気は必須です。

大勢いる中で埋もれてしまっては勿体無いです。印象に残らなければ交流会に参加している意味がありません。そうならないためにも「服装で第一印象を焼き付ける」これがとても大事なのです。

人はその人の第一印象を決める時、以下の3つで決まると言われています。


初めて会う人と会話するまでの第一印象は…

髪型、服装、表情

この要素が
90%を占めます。
特に『服装』印象を大きく左右します



ですから、服装で差別化を図ることが出来れば、あなたは他の人よりも1歩も2歩も、その時点で有利になるのです。


3-2.ビジネス交流会 異業種交流会の目的にあった服装とは?


では、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

ポイントは、

・あなたに似合っている事(自分ではなく第三者の目で見てです)
・その職種や業種にふさわしい事
・着たい服より、ビジネスパーソンとしてしっかり見えること

ですが、一番大事な基礎、そして最も簡単で、誰でも今日から実行出来ることは「清潔な印象を心掛ける」ことです。


3-3.清潔感第一は、基本中の基本


ビジネス交流会や異業種交流会での服装において、一番大事なのは「清潔感」です。

●手入れの行き届いたスーツ
●良く磨かれた靴
●パリッとしたシャツ
●整ったヘアスタイル
●爪のお手入れ
●髭のお手入れ

相手に好印象を与えるには、清潔感が第一なのです。これはすぐに誰でも出来ることですから、あなたもすぐに実践してみてください。こちらが出来たら次のステップです。


3-4.ビジネス交流会 異業種交流会で勝てる服装


さて、あなたは清潔感の持てる好印象を与えるビジネスパーソンとして、今から交流会へ行こうとしています。次のステップは、最もあなたにとって重要なポイントとなり、ビジネスに直結します。

大勢の人がいる交流会の中で覚えられないで帰るか、「あなたの話をもっと聞きたい」と言われるか、あなたは経営者として、ビジネスと同じようにライバルに差を付け魅力を充分に発揮する必要があります。

そのためには、皆と同じ、無難な服装では差別化できないのです。経営者として、ビジネスパーソンとして、魅力的で圧倒的にインパクトを与える服装にする必要があるのです。

では、それは一体どのような服装なのか?これは人によって違います。あなたに似合い、あなたが経営者として魅力的に見え、他と差別化できる服装とは、自分の目線だけで見つけることはなかなか難しいと言えます。

あなたが自分で似合っていると思っている服装でも、他人からすると実はそうでもないと思われていることが多いからです。

あなたは服装を同じ日に複数の方に褒められた経験がありますか?おそらく、ほとんどの方はないでしょう。

何故ならば、あなたの目線と他人から見る目線、第一印象に残る目線は大きく違うからです。これを自分で見つけるのは本当に難しいのです。ですから、私達プロのスタイリストがいるのです。

それではここで今一度、当コーデスタジオでビジネスカジュアルをコーディネートしたお客様の「befor→after」の写真をご覧になってみてください。

皆、口を揃えて言うのが、「自分では絶対に普段選ばないような服装です」とか、「自分にはこれが本当に似合っていますか?」と口を揃えておっしゃいます。

ですが、客観的にあなたが見てこの方達はどう映りますか?そこに答えがあります。これがまさに第三者の目線、つまりあなたが周りからどう見られているかなのです。

鈴木 亮太様 (31歳)神奈川県


中谷 大河様 (35歳)埼玉県

中谷 大河様 (35歳)

川口 拓郎様 (33歳)東京都

川口 拓郎様 (33歳)

高見 裕之様 (43歳)東京都

高見 裕之様 (43歳)

藤原 正浩様 (35歳)東京都

藤原 正浩様 (35歳)

越川 泰樹様 (31歳)東京都

越川 泰樹様 (31歳)


4.まとめ


いかがでしたでしょうか?

ビジネス交流会、異業種交流会で勝てる服装とは、好印象を相手に持ってもらい、ビジネスチャンスを広げるためにも、ビジビリティを上げるためにも、清潔感は当たり前で、その先へ行くことが大切だということがお分かり頂けたでしょうか。

「無難ではなく冒険へ」
「いつもの定番服ではなく新しい魅力へ」
「周囲になじむのでなく差別化へ」

ポテンシャルが高いあなたなら、必ず1歩先へ行けるはずです。

もしあなたがビジネス交流会、異業種交流会で「人脈を広げたい」「見込み客と出逢いたい」「事業を拡大するための共同パートナーを見つけたい」と本気で思っているのであれば、服装で第一印象をまずは変えることから始めてみてください。

きっと、服装で第一印象を変えれば、結果が大きく変わってくるはずです。私達はそのお手伝いをすることができます。まずは一度ご相談ください。あなたの魅力を最大に引き出すお洋服のご提案をさせて頂きます。



悩み別で探す





« 前ページ: セミナー講師の服装とファッション | 次ページ:リーダーの服装とファッション »




投稿日:2018年01月23日
最終更新日:2019年06月19日


上に戻る

ご予約・お問い合わせはこちらから