デキる営業マンの勝てる服装とは?

投稿日:2019年05月02日
最終更新日:2019年06月28日
仕事のデキる営業マン


▼UPDATE COODE(アップデートコーデ)のサービスについて、ご紹介している動画です。
初めての方はこちらの動画をまずはご覧下さい。

↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(2分09秒)



1.デキる営業マンは服装が違う


1-1.デキる営業マンの条件とは?


営業マンは第一印象がとにかく肝心ですが、どのような第一印象を相手に持ってもらえることができたら、デキる営業マンに見られるとあなたは思いますか?

おそらく絶対条件として、「仕事がデキる」というイメージだと思います。ですが、その印象が強すぎると、逆に堅く見えてしまったり、話しにくい印象を持たれてしまうこともあります。

本当にデキる営業マンは、仕事がデキるイメージに加えて、「親しみやすさ」、「話しやすさ」など、気さくな印象を持ち合わせているものです。

そうでなければ、クライアントの心を開くことは出来ないですよね?

人は不思議なもので「仕事がデキそう」という理由だけでは、心は動きません。いくら笑顔や傾聴を心がけていても、誠意や熱意、心意気、そして人柄が伝わってこなければ、人の心は動かないものです。

ですから、デキる営業マンは、仕事がデキるというイメージだけでなく、親しみやすさ、話しやすさ、ここのイメージを持たれることがとても大事です。


1-2.デキる営業マンはファッションにこだわっている


人の心を動かすには、言葉や態度だけでなく、印象や雰囲気であなたを表現する必要があります。その手段として、非常に有効なのがファッションです。

人は見た目で瞬時に人を判断します。人の第一印象は「服装」「表情」「髪型」で9割決定すると言われています。あなたに興味を持つか、持たないかは「服装」「表情」「髪型」に掛かっているのです。


初めて会う人と会話するまでの第一印象は…

初めて会う人との第一印象

この要素が
90%を占めます。
特に『服装』印象を大きく左右します


メラビアンの法則



デキる営業マンは、必ずお客様から好印象を持たれています。単純にオシャレ、というよりはファッションにこだわりを持つことも含めて「デキる営業マン」と周りから見られるのです。

ということは、デキる営業マンとは、オシャレであり、清潔感をとても大事にしている人なのです。それはなぜか?見た目の印象で営業マンとしての印象が決まることを知っているからなんですね。


2.デキる営業マンの見た目を上げるチェックポイント


2-1.清潔感がある服装が大前提


まず、頭からつま先まであなた自身の服装をチェックしてみてください。

・髪はボサボサになっていませんか
・定期的に美容院へ行っていますか
・顔はテカっていませんか
・Yシャツにシワはありませんか
・ネクタイが緩んでいませんか
・スーツにホコリがついていませんか
・スーツのサイズは合っていますか
・パンツに折り目がありますか
・靴はきちんと磨けていますか

人への第一印象というのは、上記で説明した通り、ほんの数秒で決まってしまいます。人は見た目から一瞬で、その人の全体の印象や雰囲気を把握すると言われています。

ですので、印象の大前提として、まずは「清潔であること」を心がけてください。不潔は最も嫌われてしまいます。清潔であることを常に心がけてください。

では、上から順番にチェックしてみましょう。

①顔・髪型

まず、人は初対面の人の第一印象として、顔を見ます。顔と同時に目に入るのが髪型です。

あなたは髪をワックスなどできちんと整えていますか?

あまり決めすぎはNGですが、適度に整えることで顔の印象がグッと変わってきます。定期的に美容院に行って、あなたの印象を良くする髪型にしてもらうことが必要です。

また、顔のテカリはもってのほかです。顔周りの印象はつねにチェックして、人と会うようにしてください。


②上半身

首元は顔と同時に目に入るところです。そのため、Yシャツにシワがあったり、ネクタイが緩んでいたり曲がっていたりするのは要注意です。

首周りに清潔感がないと、疲れた印象になり、顔がいくら決まっていてもだらしなく見えてしまいます。また、ホコリや染みが付いていないか細目にチェックしましょう。

安価なYシャツは、アイロンをしていても半日経つとシワが出ます。そのため、Yシャツは多少お金をかけてでも質の良いものを買うようにしてください。

質の良いYシャツは、シワができにくいだけでなく、襟の形もきれいに保てます。アイロンが面倒だという人は、ノンアイロンのものがおススメです。


③下半身

パンツの折り目は必ずピシッと入れてください。センターにピシッと直線があると、あなたの印象もピシッと引き締まって見えます。

上半身に気を配っていても、下半身に手を抜いてしまうと、中途半端でちょっと残念な印象になります。

また、靴が磨けていないのもアウトです。靴は毎日チェックして、ピカピカの状態を保ちましょう。キレイに磨かれた靴は、格段に清潔感を上げてくれます。

以上、面倒くさがらずに必ず、毎朝必ず取引先を訪問する前に全身チェックしてください。成約が欲しいなら、まずは清潔な服装を心がけることが重要です。

もしあなたが取引相手だった場合、どちらの営業マンと取引をしたいですか?
成約が欲しいなら、清潔な服装を心がけることが重要


2-2.デキる営業マンの服装とは?


デキる営業マンになるには、若く浮いたイメージは払拭しなければなりません。あまり若く見えると、頼りなく見えてしまうため、“落ち着き”や“品の良さ”を演出することも重要です。少し年上に見えるくらいがちょうどいいです。

例えば、洋服の色で演出は可能です。青系・ネイビー系はその代表です。逆に、個性を出しすぎたり、派手な色を選んだりすると、浮いて見えるので気を付けてください。(アパレル系やサロンなどの営業であれば問題ありません。)

洋服は営業マンの戦闘服です。あなたの体形に合ったもの、出来るだけ質の良い物を選び、自信を持って営業に出ていってください。


2-3.良い物を身に付けている


良い物というのは、不思議と人目を引くものです。質の良いものや、丁寧に作られたものは、それだけで人にセンスの良い印象を与えてくれます。

あなたはついつい、全身安価な物で済ませていませんか?逆にブランド物を強調しすぎても近寄りがたい印象になってしまいますが、安っぽいのも好印象とは言えません。

落ち着いた大人のイメージを出すためには、色や柄、デザインのセレクトに配慮しましょう。素材と仕立てにこだわるのも一つの手です。

ファッションに適度なこだわりを見せることは、仕事へのこだわりをも印象付けます。ファッションに無頓着な営業マンより、オシャレな営業マンのほうが、「仕事がデキる」と思われるのはそのためです。

売上を上げたいなら、自己投資だと割り切って、見た目にお金を掛けてください。

この辺をケチっていては、印象アップは望めません。そのためにも、少し値の張ったジャケットなどは、最低でも3着は持っておくことをお薦めします。


3.まとめ


デキる営業マンの勝てる服装について、ここまでお伝えしてきましたがいかがでしょうか?

デキる営業マンは、必ず「デキる営業マン」に見えるよう、努力をしています。売上を伸ばしたいのであれば、まずは身なりを整え、ファッションを研究することも大切です。

ですが、あなたの年齢、雰囲気、タイプに合ったあなたに似合う服、ビジネスパーソンとして、デキる営業マンとしてお客様に好印象を与える服装、これらを選ぶのは、自分では難しいかもしれません。

そんな時は、プロの目に委ねてみるのも一つの手です。

UPDATE COODE(アップデートコーデ)では、アパレル業界20年の豊富な経験と実績のある、私藤本を始め、知識と提案力のあるプロのスタッフが、多くの男性の叶えたい願望や目的をヒアリングし、ファッションの切り口から達成に導いてきました。

あなたの良さを引き出し、もっと魅力的になる全身コーディネートをさせていただきます。じっくりヒアリングして、あなたが達成したい目的や願望に合わせて、数パターンご提案させていただき、その場でご試着してもらいます。

また、UPDATE COODE(アップデートコーデ)では、97%のお客様にその変化を実感して頂いており、忙しいビジネスパーソンの皆様には、1ヵ所で全ての物が揃うので、とても効率が良いと喜んで頂いております。

もしあなたが営業マンであり、仕事の中で重要なポジションの役職に付いている方でしたら、ぜひ一度、私達にご相談ください。あなたに最適なコーディネート、あなたの目的に応じた結果の出る服装をプロの目からコーディネートさせて頂きます。

一度来て頂ければ、当サービスの良さが分かって頂けると思いますし、洋服を変えただけでこれだけの結果に繋がると思えば、その投資も安いものだと感じて頂けるはずです。ぜひあなたのご来店をお待ちしておりますので、ご相談だけでも、気軽にお問い合わせいただければと思います。



悩み別で探す





« 前ページ: 初対面の人に良い印象を与える服 | 次ページ:IT系の服装 オシャレファッション »




投稿日:2019年05月02日
最終更新日:2019年06月28日


上に戻る

ご予約・お問い合わせはこちらから

電話でご予約
11時~21時
WEBでご予約
24時間受付