• TOP
  • »
  • モテファッションの着方

モテファッションの着方ページ



ファッション代行サービスについて


ファッション代行サービスとは、スタイリストがお客様の代わりに商品を選んでコーディネートしてくれて、お客様はスタイリストが選んでくれた商品を購入するというものです。

お客様はスタイリストとメールなどのSNSでやり取りするだけなので、
以下のような方にニーズがあります。

●忙しくて買い物に時間が避けない
●ショップで買い物するのが苦手
●自分でコーディネートできない

など、ファッション代行サービスは楽にトータルコーディネートが手に入るので、買い物に時間や労力を掛けなくて良いというメリットがあります。

しかし、デメリットもあります。

コーディネートのやりとりが全てSNSなので、自分の選んだ商品が画像のものとは違うなど、もちろん試着もできないのでサイズも不安です。何故ならば、メーカーやブランドによっては、同じMサイズでも大きくサイズが異なるケースがあるからです。

ファッション代行サービスは、SNS上での購入手続きなので、交換もできることがあります。しかし交換するにも一度試着した商品を梱包して、商品を送り返すわけですから面倒な作業になります。

私は洋服を選ぶ上で一番重要なのは試着だと思っています。試着して初めてそのサイズや素材、色、デザインが自分に合うか分かります。そのため、ファッション代行サービスや通販での購入は実際実物を目で見て購入できないので、試着はもちろんできません。

あなたはネットショッピングや通販などで失敗した経験がありませんか?

または私と同じように実物を見ることができないことが不安で、洋服はSNS上で行うサービスで買わないと決めていませんか?

あくまで私の考えですが、ファッション代行サービスやネット通販はリピート商品にはとても向いていると思います。リピート商品は以前買ったものと全く同じ商品を買うことです。ただ洋服で全く同じ商品を買うことはそんなにないと思います。

では実際にショップに行って商品を購入すれば良いという考えもあります。確かにショップに行けば商品も目で見て、触って、試着して決めることができます。

またショップに行けば、ショップのスタイリストがお客様に似合う服をコーディネートしてくれます。実際に目の前でコーディネートしてくれるお店なので、買い物で失敗するリスクも減らすことができます。

特にメンズショップはコーディネートしてくれるお店が実は多いです。ではそれなのに何故、メンズショップに行かない方が増えているのか?

その理由は、

●忙しくて買い物に行く時間がない
●店員に話しかけられるのが苦手
●歩き回りたくない、疲れる

このような理由で実際ショップに行かなくなり、そこで洋服を買わなくなってしまう方も多いのです。そのため、近年ではファッション代行サービスや通販サービスがリアルショップよりも売上を伸ばしているのです。

やはり信頼できるお店がなく、色々なショップを見て周っていたら、時間も掛かりますし、その分疲労も溜まります。信頼できるお店というのは、イコール信頼できる店員がいるかということにも繋がります。先ほど言ったようにメンズショップでコーディネートしてくれるお店はたくさんあります。

ただ近年では話しかけられるのが苦手な方が多いので、ショップ店員もあまりお客様に対して接客を積極的にしなくなりました。ですから、あなたがコーディネートして欲しくても、自分から話し掛けづらく、コーディネートしてもらえないこともあります。

また1つのお店でコーディネーしてもらえても、違うお店や、または違うジャンルのお店でもコーディネートしてもらいたいと思えば時間は2倍必要です。

当たり前のことですが、ショップ店員はその都度違うので、2店舗目以降はまたそのショップスタイリストに一から自分のサイズ、好みを伝える必要があるのです。そのことからショップを複数周ることは時間がかなりかかります。

もしもあなたが、忙しい中で有効的に時間を使ってコーディネートしてもらい、買い物をしたいと思っているのであれば、ぜひ一度弊社のサービスを利用してみてください。

当サロンZYXGER(ジィクシガー)は、ファッション代行サービスでもなく、リアルショップでもないため、カウンセリングやトータルコーディネート、試着、商品の購入を1人のスタイリストがサロン内で全てご提案することができます。

そこには多種多様な商品をご用意しているため、買い回りをする必要もございません。是非一度、当サロンで他では味わえないサービスを体験してみてください。きっと、あなたの価値観が変わると思います。





« 前ページ: 女子ウケファッション | 次ページ:モテファッションの選び方 »




投稿日:2017年10月17日
最終更新日:2019年01月24日


よく読まれている記事 TOP10



上に戻る