自分の年齢に合った服装を知る 年代別のメンズファッションをご紹介!


今あなたの服装は、10年前と比べて変わっていますでしょうか?この質問にもちろん変わっているという方もいらっしゃると思います。

では昔よりも今の服装の方がオシャレになったという方はいらっしゃいますか?この質問をすると、大体の方がネガティブなお答えを言われます。

それは、

「10年前より体型が変わってしまったからオシャレができない」
「忙しくなったのでオシャレをしている時間がない」
「年をとったからオシャレをしてもしょうがない」

などなど、皆さん年齢と反比例してオシャレな気持ちは下がってしまうようです。

年齢別に見ても、30代、40代、50代、60代の方は年齢に合ったお洋服をすごく気にされます。オシャレをするにしても、「年齢を気にして何を買っていいのか分からない」と、当サロンにご相談来られるお客様もたくさんいらっしゃいます。

年を重ねても、オシャレを楽しめるお洋服はたくさんあります。あなたがオシャレをしたい気持ちがあれば、年齢に関係なくコーディネートすることは可能です。

大事なのは年齢に合ったお洋服ではなく、あなたの「立場や体型」でコーディネートすることです。

分かりやすく言いますと、30代、40代、50代、60代と年齢が上がるに連れて、あなたの立場も大きく変わってくるはずです。立場というのは仕事でいうポジションです。

同じ職業でも後輩ができたり、管理職についたり、人脈が広がったり、年を重ねるに連れてスキルアップしているはずです。

私生活も年を重ねるにつれ、彼女ができたり、結婚したり、家族が増えたり、交友関係が増えたり、変わったり、環境も変化しているはずです。その中で服装が10年前と変わらないというのは不自然だと思いませんか。

分かりやすく言うならスーツです。入社仕立ての時はリクルート用のスーツを着ていた方が多いと思いますが、30代、40代、50代、60代になっても、リクルートスーツを着続けますでしょうか。

またあなたの上司が年相応にも関わらず、リクルートスーツを着ていたらどうでしょうか。客観的に見たらおかしいですよね。

私服も同じ考えです。中には高校時代からあまり服装が変わっていないという方もいます。それを聞いて、周りの反応は「オシャレですね」とはならないですよね。

むしろその逆ではないでしょうか。もしあなたがそのような友人を見たら、「新しい洋服を買った方が良いよ」とアドバイスをしたくなると思います。

これは何も若作りするなという訳ではなく、今のあなたのポジションでは学生時代と変わらない服装はおかしいという意味です。

仕事の立場が変われば、価値観が変わるはずです。それは視野が広がっている証拠です。立場や価値観が変わっているなら、それに合った服装にすることが当然のことなのです。

また年齢が上がると、大きく変わってくるのは体型の変化です。昔よりも太ったり、シワが増えたり、髪型の変化だったり、様々あると思います。それでもその中で、昔の自分と今では服装の新しい発見が必ずあるはずです。

あなたが30代でしたら、20代ではしっくりこなかった服装が似合うようになった経験はないでしょうか。例えば、ジャケットを使ったキレイ目スタイルがカジュアルスタイルより似合うようになったとか。

またあなたが40代なら、30代ではしっくりこなかった洋服が似合うようになった経験はないでしょうか。例えば柄物が似合うようになり、服装のバリエーションが広がったなど。

50代なら40代の頃よりも、明るい色が似合うようになり、服装がより華やかな印象になる。60代なら50代の頃より、ハットやストールのような小物が似合うようになる、など。

年を重ねるごとにあなたの魅力は変わっていきますし、服もその時、その時のあなたの年齢で変化させる必要があるのです。それではここで実際に、当サロンのお客様の年代別のコーディネートをご覧になってみてください。

20代のコーディネート

佐藤 悟様 26歳 東京都


石田 博士様 28歳 東京都



30代のコーディネート

鈴木 亮太様 31歳 東京都


越川 泰樹様 31歳 東京都


森山 晃平様 32歳 東京都


川口 拓郎様 33歳 東京都


藤原 正浩様 35歳 東京都


中谷 大河様 35歳 東京都


杉山 栄様 36歳 静岡県


國井 一宏様 37歳 北海道


日比野 雄一様 38歳 埼玉県



40代のコーディネート

住 康幸様 40歳 東京都


青木 正儀様 41歳 東京都


高見 裕之様 43歳 東京都


村田 孝太郎様 44歳 埼玉県



いかがでしょうか?

このように年を増すごとに似合う洋服のバリエーションは違いますし、広げることができます。もちろんその反面、似合わなくなるお洋服もありますが、それよりも倍、年を増すごとに似合う洋服の幅の方が広がります。

年齢でコーディネートを分けているのではありません。年齢を気にせずオシャレを追及すると、自分に似合うジャストな服装を発見することができるのです。

あなたも年齢を気にせずに色々なファッションに挑戦してみて下さい。たくさんのお洋服を試着したりすることで、新しい自分の魅力に出会えるはずです。

もしあなたが、「自分の年齢に合った似合う服が知りたい」「今の自分に似合うベストなコーディネートをして欲しい」と思っているのであれば、ぜひ私達に一度ご相談ください。あなたの今の立場、体型に合う服装をプロのスタイリストがコーディネートさせていただきます。




こんな記事もよく読まれています


« 前の記事: 自分に似合う服が分からない | 次の記事:旦那の服装 »